電車での長旅お疲れ様でした。奥多摩駅に到着です。東京都内とは思えないほど趣のある駅舎ですね。

​外に出て東側にお手洗いがあるので、行っておきましょう。 

いよいよ奥多摩むかし道ハイキングのスタートです!

まずは、奥多摩駅を背にして道路を左に進みます。むかし道の入り口まで少し道路を歩きます。

 

すぐに「奥多摩駅入り口」の交差点が。 

この交差点を右に​渡ります。 

こちらの道をまっすぐ進みますが、何やら左手に3本の連なった大きな木が見えますね。行ってみましょう。 

なんと立派なことでしょう!写真ではその大きさを上手く捉えることができず残念です。訪れた際にはぜひ間近で見てみてください。 

奥多摩町の氷川という地区にあり、根元近くから三本に分岐しているため、「氷川三本スギ」と呼ばれています。奥氷川神社の神木で、高さが約43メートルあり、東京都指定天然記念物でもあります。

 

では、本線に戻ります。するとすぐに橋が見えてきます。この橋は氷川大橋で、 

氷川大橋からの眺めです!清流がきれいですね。この時期は紅葉とも絶妙なコントラストです。 

橋を越えると趣のあるコンビニが右手に見えてきます。東京都の最果て感を醸し出しています。玄人の方はぜひこちらでお買い物をお楽しみください。 

山登り初級の方や、ミーハーな方は向かいの通りにある「ニューヤマザキデイリーストア」へ。チェーン店ならではの安心感がありますね。 

入り口の看板には、コンビニ終点と書いてあります。この先はコンビニがないと考えると、現代人にとってはライフラインを一つ失ったのと同じくらいの恐怖感を覚えますね。ありとあらゆる備えをしておきましょう。 

コンビニ密集地帯を過ぎればいよいよ「むかしみち」の案内図が右手に見えてきました。35m先を左折と書いてますね。 

案内図です。写メを撮って道中見返せるようにしておきましょう! 

案内図からぴったり35mで案内板がありました。ここを左に曲がると!? 

奥多摩むかし道へと続く道。 

最初から急で長めの坂が続きます。これで軽い気持ちでやって来るハイキング初心者たちがふるい落とされるのです。 

急な坂が100メートルくらい続いた後でしょうか、未舗装路に突入します。むかし道らしさが出てきます。 

廃線がつづくトンネルがあります。 

左側にも廃線が続き、しばらく並走します。 

最初の坂で足腰にきた人は、ここで入念にストレッチをしておきましょう。 

未舗装路に突入します 

未舗装路に突入します 

未舗装路に突入します 

奥多摩湖まで8.9キロです。全長9.4キロなので500メートル進みました。とても順調ですね。今のところ、、、 

未舗装路に突入します 

ここからしばらくは舗装路になります。 

最初のトイレですね。次のトイレまでは、

 

未舗装路に突入します 

未舗装路に突入します 

家がいくつか見えてきました 

動物除けのゴミ置き場ですかね? 

未舗装路に突入します。右手には湧き水が流れ落ちていますね。 

飲める?のでしょうか。この先長い道のりが待っているので、私は飲む勇気がありませんでした。 

しばらく歩くと集落が見えてきました。 

上に行くとお家ですかね。下ですね。 

左手に階段が見えますが、惑わされずに我が道を進みます。 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

踊り場を折り返すと、下の道路が見えてきます。ちなみに踊り場にもベンチはあります。 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

ここは分かれ道になります。慎重に上の未舗装路の方へ進みましょう。 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

確かに穴が開いていますね 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

この分かれ道は、トンネルの方向にはUターンせずに、左手に立っている案内板通りにまっすぐ進みます。 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

いろは楓 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

西久保の切り返しと呼ばれています。 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

奥多摩湖まであと3キロ、3分の1となりました。案外余裕だったなと思っていましたが、このあと地獄を​見ることになろうとは、、、 

本格的な山道をひたすら登ります 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

木々の間から奥多摩湖が見えてきました。ここで安心した私がバカでした。 

このあたり、少し分かれ道が多くなります。案内板があるので、落ち着いて指示通りに進んでいきましょう​! 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか 

つきあたりを案内板通り右に曲がります。さて、何キロ進んでいるのでしょうか